Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

ジム・ロジャーズ 日本への警告

以前から問題意識は持っていましたが、
この本を読んで、悪い成績の通知表を見たような
強い危機感を覚えました。

◆日本を蝕む根本原因

①少子高齢化、人口減少

 ー出生率の低さ
 ー移民の拒否
 ー超高齢社会

②巨額な長期国債残高(国の借金)

 ーGDP 530兆円 < 長期債務 950兆円
 ー既得権益のために使われる税金(公共事業、破綻しそうな巨大企業の救済…)
 ー長期的に日本経済を破壊するアベノミクス(無制限の紙幣発行、将来的な円の価値低下・物価上昇、ツケを全て将来の世代に…)

世界を知れば知るほど、日本を知れば知るほど
いかに日本が素晴らしい国か、日本人として生まれた誇りを感じずにはいません。

日本を憂い、家族揃って国外へ移住することもできますが
ご先祖様たちが代々守り、受け継いでくれたこの素晴らしい国の衰退を
人ごとにして、みすみす見逃すような選択肢は、
僕にはありません。

だとしたら、僕やうちの会社ができることは何か?
僕や会社の強みと情熱を活かせる領域は何か?

まず、僕自身の核となる信念・行動原子
「引き出す」をもとに、

日本/日本人の本来持っている能力や素晴らしさを引き出す
を新たな使命に据えること。

その上で、
「そもそも日本とはどんな国か?」
「日本人とはどんな国民性か?」
を、歴史や気候・風土などをもとに学び直すこと。

そして、それに基づき
「少子化」対策につながる商品・サービス、会社・組織の普及を
マーケティングや脳科学を通じて後押ししていくこと。

自分の人生と、会社経営の舵取りを
今日を機に変えていこうと思います。

 

忘備録:
①日本人の国民性

(主な参照:松下政経塾のレポート)

1. 衆知を集める
2. 和を貴ぶ
3. 主座を保つ

背景にある日本という国の特徴

・島国:自立と交流が可能な隣国との距離感 など
・四季、自然災害:自然の恵みへの感謝、畏敬 など
・稲作:食文化、風習、価値観、村社会 など
・仏教、神道:人は周り生かされている など
・武士道:人として美しく生きる姿勢 など

②少子化の原因

・不妊:ストレス、長時間労働、食、環境ホルモン、高齢出産 など
・未婚:女性の社会進出、結婚願望の低下、個人主義 など
・離婚:結婚観/離婚感の変化、価値観の多様化 など
・少子:核家族化、子宝観の変化、若者の貧困、共働き、保育所/シッターなどの社会的支援の不足 など

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事